Flynas、エアバスA350型機の導入を検討か? 日本就航計画はなし

28

サウジアラビアのLCC、Flynasが、エアバスA350型機を導入することを検討していることがわかりました。ブルームバーグが伝えています。

就航地としては、中国やフィリピン、ナイジェリア、南アフリカ、東南アジアなどを想定。日本は含まれていません。

エアバスA330型機を2015年までに6機導入し、中長距離線を拡充。ジャカルタやクアラルンプール、カラチ、ロンドン、マンチェスター線などに就航。最初に導入するA330型機は、ポルトガルのHi Flyの機材と乗務員で運航します。

詳細はこちら