マレーシア航空機事故、北京でのテロ計画か? テロ、事故の両面で調査進む

57

2014年3月8日午前3時40分頃(日本時間)にベトナム領空で消息を絶った、マレーシア航空370便について、未だに詳しい情報は判明していません。

搭乗していたとされる、オーストリアとイタリア国籍の各1名の乗客が、盗難パスポート別人が搭乗していたものであることが判明しているほか、他にも2名が盗難パスポートで搭乗していた可能性があるとしており、関係機関が調査中。別人の2人は、コードシェアを行っている中国南方航空からチケットを購入していたとのことです。

さらに、共同通信は、北京でのテロが計画され、台湾のチャイナエアラインが反政府組織から電話を受けていたという情報もあると報じており、通報を受けた台湾当局は中国政府に連絡したとしています。

機体の胴体が見つからないことや、油膜が広範囲にわたっていることから、水平飛行中に空中分解した可能性が高いと見ている専門家も多く、同機が過去に翼の先端を接触する事故を起こしていた事から、整備不良による事故の可能性やテロなどの両面から調べが進んでいます。

フライトレコーダーは回収されておらず、現在のところ見込みも立っていません。

■関連記事
マレーシア航空機、ベトナム領海で消息絶える 情報は錯綜、接触事故歴も
マレーシア航空、2013年決算の純損失拡大 約365億円の赤字に
航空会社安全度ランキング2013、トップはカンタス航空=ANAも9位に

詳細はこちら