マレーシア航空370便、機体に関する詳しい情報判明せず 油膜発見の報道も

57

2014年3月8日午前3時40分頃(日本時間)にベトナム領空で消息を絶った、マレーシア航空370便について、未だに詳しい情報は判明していません。

搭乗していたとされる、オーストリアとイタリア国籍の各1名の乗客が、盗難パスポート別人が搭乗していたものであることが判明している。何者が搭乗していたのかはわかっておらず、テロの可能性も浮上している。別人の2人は、コードシェアを行っている中国南方航空からチケットを購入していたとのことです。

また、同機は翼の先端を接触する事故を起こしていた事も判明しており、整備不良による事故の可能性も否定できません。

飛行当時は天候は良好で、異常を知らせる信号なしに突然消息を絶ったためテロによる空中分解なども疑われています。

さらに、ベトナム軍が海上に2本の油の膜が浮いているのを発見したとの報道もありますが、機体に関する詳しい情報は出てきていません。 

■関連記事
マレーシア航空機、ベトナム領海で消息絶える 情報は錯綜、接触事故歴も
マレーシア航空、2013年決算の純損失拡大 約365億円の赤字に
航空会社安全度ランキング2013、トップはカンタス航空=ANAも9位に

詳細はこちら