JR東日本、山形エリアに新幹線初の観光用列車「とれいゆ」を2014年7月導入!

yamagata-toreiyu

JR東日本は、山形エリアに、新幹線車両で初となる乗ること自体が目的となる列車「とれいゆ」を、2014年7月に導入すると発表しました。

「とれいゆ」は、「トレイン」とフランス語で太陽を意味する「ソレイユ」を合わせた造語で、車両は秋田新幹線から退いたE3系新幹線車両6両編成を改造。6両のうち1両は「足湯」車両とし、紅花色の湯船が石張りの小上がりにゆったりと2槽を設け、足湯に入りながら車窓を眺められるようにします。外観は、山形の主峰「月山」をモチーフに、グリーンを中心に、最上川の趣のあるブルーを先頭に配しています。

デザイナーは、世界的な工業デザイナーでKEN OKUYAMA DESIGN代表、山形県出身の奥山清行氏。

2014年7月以降に営業運転開始を予定しており、臨時列車として、福島~新庄間を中心に土休日など年間120日程度運転する予定です。

EX-TRAIN配信記事

詳細はこちら