マレーシア航空機、ベトナム領海で消息絶える 情報は錯綜、接触事故歴も

57

クアラルンプール発北京行きの、マレーシア航空370便が、日本時間2014年3月8日午前3時40分ごろ、消息を絶った。

機材はボーイング777−200型機。ボーイング777型機は最も安全である航空機の一つで、アシアナ航空のサンフランシスコ国際空港着陸失敗など、ヒューマンエラーでの事故以外に目立った事故は起きていない。

乗員乗客239名でうち2名は乳児。国籍別の乗客の搭乗者数は、中国・台湾が153名、マレーシアが38名、インドが5名、インドネシアが7名、オーストラリア6名、フランスが4名、アメリカが3名、ニュージーランドとウクライナ、カナダが2名、ロシアとイタリア、オランダ、オーストリアが1名。乗員12名は全員マレーシア国籍。マレーシア航空は、搭乗者リストを公開しています。

同機の情報は錯綜しており、発見されたかはいまだわかっていません。これまでに、ベトナム領海に墜落、南寧空港に着陸したなどの情報がありましたが、墜落との見方が有力です。

事故機の9M-MROは、2002年5月にマレーシア航空に引き渡された機材。2012年8月に、中国東方航空機と接触事故を起こし、翼の一部を破損させる事故を起こしているが、墜落原因であるかは不明。

■関連記事
マレーシア航空、2013年決算の純損失拡大 約365億円の赤字に
航空会社安全度ランキング2013、トップはカンタス航空=ANAも9位に
マレーシア航空370便、機体に関する詳しい情報判明せず 油膜発見の報道も

詳細はこちら