JR東日本、スマートフォン向けアプリを3月10日に公開! 路線状況だけでなくコインロッカーや車内混雑状況なども!

jr-east-press

JR東日本は、スマートフォン向けアプリ「JR東日本アプリ」を、2014年3月10日より公開すると発表しました。

各路線の運行情報や、京浜東北線などの各列車の現在位置の確認、「お試し版」として埼京線・湘南新宿ラインの状況も確認できます。

首都圏の運行情報画面では、主要駅の改札付近にある「異常時案内用ディスプレイ」と同じ情報が表示されるほか、列車の現在位置を表示する画面では、京浜東北線を走行している各列車の現在位置と遅れの時間が、路線図とともに表示されます。

「My路線」として自分の利用路線などを登録すると、登録した各路線の遅れや運転見合わせなどの運行情報がアプリのトップ画面に表示され、「My駅」として登録した駅の時刻表や構内図、その駅から発車する列車の運行情報、停車駅の一覧も確認できます。

またJR東日本の各駅、約1,700駅の構内図・時刻表・駅の施設(みどりの窓口の有無・営業時間、バリアフリー設備の有無、コインロッカーの有無)の情報、エキナカ・駅ビルに関する情報などを見ることもできます。

さらに、東京駅については、構内図からコインロッカーのリアルタイムの空き状況が確認できます。

アプリは、山手線で同日にスタートする「山手線トレインネット」に対応。アプリで、乗車位置(号車)や区間にあわせた停車駅の情報、乗車している列車の各号車の混雑状況・車内温度が確認できます。

山手線では、無線LANなどの「山手線トレインネット」サービスを、2014年度内に3編成、2015年度内に全編成で提供する予定です。

対応OSは、iOS(iOS6.0以上)とAndroid(Android OS 2.3.3もしくはAndroid OS 4.0.3以上)、ダウンロードは「App Store」または「Google Play」から。

EX-TRAIN配信記事

詳細はこちら