ミャンマー国際航空、定期便化やチャーター便継続断念の報道を否定 夏にチャーター運航へ!

P1060165

ミャンマー国際航空が、日本線の定期便やチャーター運航を断念すると、毎日新聞地方版が報じています。これは、2014年2月に5往復運航した、茨城〜マンダレー・ヤンゴン線のチャーター便搭乗率が55%となったことが原因としています。

Traicyが、ミャンマー国際航空日本総代理店へ電話取材したところ、毎日新聞の報道とは異なり、既に夏にチャーター便の運航を予定しており、発着空港も決定しているものの、公表できる段階にないとしています。

また、茨城線については、「県の要請で就航した。」としています。

ミャンマー国際航空は、2014年2月14日、HAMA INC Co., Ltd.との間で、日本でのジョイントベンチャー「Myanmar Airways International Japan Co., Ltd」の設立に合意しています。

■関連記事
ミャンマー国際航空、日本でジョイントベンチャー設立! 定期便化や需要拡大狙う
茨城県、ミャンマー国際航空とヤンゴン線プログラムチャーター便開設に合意!
ミャンマー国際航空、茨城〜マンダレー・ヤンゴン線にチャーター便を就航!

詳細はこちら