ルフトハンザ・ドイツ航空、新型プレミアムエコノミーを公開! 追加料金はアジア線で600ユーロ程度に

50

ルフトハンザ・ドイツ航空は、2014年11月から新型プレミアムエコノミーのサービスを開始すると発表しました。

ボーイング747−8型機から順次導入し、2015年までに長距離線を運航する全機材に搭載。機材に応じ、21席か52席をプレミアムエコノミーにします。 

シートピッチは97センチ、シート配列もエコノミークラスと頃なり若干の余裕をもたせます。シート間の肘掛けは上がらず、隣の人との肘掛け利用しても余裕がある大きさ。各座席には電源も備え付けます。

預け入れ手荷物許容量は23キロ2個までに拡大し、ラウンジの利用は25ユーロの追加料金が必要。機内では、ウェルカムドリンクや、アメニティキットなどを提供します。

プレミアムエコノミーの追加料金は、大西洋横断フライトやアジア線では600ユーロ程度を想定しています。

■関連記事
ルフトハンザドイツ航空、成田・関西からフランクフルト直行便を7月から運航へ! 3月から経由便も
ルフトハンザドイツ航空、機内での携帯電話ローミングサービスを拡大へ!

詳細はこちら