シティリンク、初の国際線となるスラバヤ〜ジョホールバル線に就航! 親会社のガルーダを補完、国際線を拡大へ!

43

インドネシアのスラバヤを拠点とするLCC、シティリンク(Citilink)は、2014年3月15日より、初の国際線となる、スラバヤ〜ジョホールバル線に就航します。

シティリンクは、ガルーダ・インドネシア航空の子会社で、2001年に設立。スラバヤのほか、ジャカルタをサブ拠点として国内線に就航しています。機材は、エアバスA320型機シリーズを24機保有しています。

同社は、ガルーダ・インドネシアを補完する方法で、路線や便数を拡大する見込み。CAPAによると、シンガポール・クアラルンプール・デンパサール・パース線への就航も計画されています。

国際線への進出は、事業の拡大のみならず、インドネシア・ルピアの下落による影響を緩和する狙いもあります。

詳細はこちら