ジェットスター・ジャパン、自社養成の機長第1号が誕生! 毎月機長誕生へ!

gk

ジェットスター・ジャパンは、自社パイロット養成プログラムの機長第1号が誕生したと発表した。

2013年10月より、第1コースとして、同社の3名の副操縦士が訓練を開始。フルフライトシミュレーターや他訓練ソリューションを世界的に提供するCAE社の韓国の訓練センターを使用し、4ヶ月に渡る訓練や社内試験などを経て、機長に昇格した。

現在、第5コースまで、計10名が機長昇格のため、同プログラムで訓練を行っており、毎月機長が誕生する予定。

世界的にパイロット不足が深刻化しているほか、同社が運航するエアバスA320型機は日本では運航資格保有者が少なく、パイロットの確保が難航。ジェットスター・ジャパンでは自社でパイロットの養成を行います。

■関連記事
ジェットスター・ジャパン、自社パイロットの機長昇格プログラムを開始!=2014年2月にも同社初養成の機長誕生!

詳細はこちら