ライアンエア、ヨーロッパ〜アメリカ線をわずか”10ユーロ”程度で発売へ! 長距離線参入を表明!

52

ヨーロッパのLCC・ライアンエアは、5年後にも、ヨーロッパとアメリカを結ぶ長距離路線に参入する方針を明らかにした。複数メディアが伝えています。

さらに、運賃について、マイケル・オレアリー最高経営責任者は、イギリスとボストン・ニューヨーク線について、10ユーロ程度の運賃を計画していると語ったという。手荷物や機内食は有料であることや、空港利用料等の諸税が別途かかるものの、格安であることには違いない。

現在、ボーイング737型機しか保有していないため、長距離線に参入する場合は新たな機材を導入する必要がある。

詳細はこちら