ANA、国際線で機内Wi-Fiサービスを3月1日より開始! 従量課金で20MBまで24USD!

P1000193

ANAは、国際線で機内Wi-Fiサービス「ANA Wi-Fiサービス」を、2014年3月1日より開始すると発表しました。

対象となるのは、ボーイング777-300ER型機とボーイング767-300ER型機に順次導入。

一部の欧米、アジア線が対象となっており、サービス開始当初は、ボーイング777-300ER型機2機と、ボーイング767-300ER型機1機で利用が可能です。ANAは順次導入を進めます。

料金は従量課金となっており、5MBまで6USD、10MBまで12USD、20MBまで24USDとなります。定額での設定はありません。支払いはクレジットカードのみとなります。

無線LAN端末であれば全ての機器で利用できますが、スマートフォンやタブレット端末での利用を推奨するとしています。

ANAでは、「ANA Wi-Fiサービス」は、スマートフォンやタブレット端末におけるインターネット閲覧・メール送受信・ ソーシャルメディアのアップデートなどの利用を前提としており、ノートパソコンでの利用や、動画ダウンロードなどに適したサービスではないとしています。

■関連記事
タイ国際航空、機内Wi-Fiサービス「THAI SKY CONNECT」の提供を開始! 日本線でも利用可能!
JAL、国内線機内Wi-Fiサービスを2014年7月スタート! 利用料金は30分400円から!
JAL、機内Wi-Fiサービス「JAL SKY Wi-Fi」を拡大!ロンドン線に毎日、パリ線にも導入へ!

詳細はこちら