エミレーツ航空、世界で最も価値あるエアラインブランド3年連続で首位に!

Arsenal clinic

エミレーツ航空は、世界のトップブランドを選ぶ英国の調査会社、ブランド・ファイナンス社による2014年「ブランド・ファイナンス・グローバル500」で、世界で最も価値あるエアラインブランドに3年連続で選ばれたと発表しました。

ブランド・ファイナンス社は、世界有数のブランド価値評価コンサルタント会社で、多種多様なカテゴリーにわたる世界一流のブランドの世評、イメージ、知的財産権のドル換算価値を評価した、年刊評価レポート「ブランド・ファイナンス・グローバル500」を発表しています。

評価レポートではさらに、感情的な結びつき、財務業績、持続可能性、経済成長率、収益予測、アナリストの見解などの重要な特性も考慮しており、エミレーツ航空は、全体の第234位にランクインしたほか、中東で最も価値あるブランドに4年連続で選出、2014年現在の評価額は前年比34%増の54億8,000USDとなっています。

エミレーツ航空コーポレート・コミュニケーションズ、マーケティング、ブランド統括上級副社長のブートロス・ブートロス氏は、「強いブランド力を持つことは、他社との差別化を図る上で大変重要な要素となるため、当社は長年にわたってブランド力向上をめざし投資を続けてきました。ブランド価値評価が上がり、航空会社の中で首位を維持できたのは、当社がお客様の声を大切にし、急変する厳しい競争環境下においても、適切に対応できていることの証であると、大変光栄に思います。」と述べています。

ブランド・ファイナンス社最高経営責任者のデイビッド・ヘーグ氏は「エミレーツは、乗客数および利用距離で競合他社を上回り、エアラインブランドを評価する際の基準を打ち立てました。エミレーツ社員は、中東で最も価値あるブランドの一員として地域全体を代表するアンバサダーとなり、最高のサービスを通じて、良好な人々との関係と文化の架け橋を築いています。」とコメントしています。

エミレーツ航空は、人々と異文化を結び、社会を形成する根幹となる重要で有意義な体験を創出することをテーマにした、ブランドプラットフォーム「Hellow Tommorw」をグローバル展開しており、FIFA ワールドカップやF1などのスポンサーシップをはじめ、多くのソーシャルメディアなどを通じて、世界中に多種多様な方法でエミレーツブランドを発信しています。

詳細はこちら