エアアジア・ジャパン、4月にも正式発表! 拠点は第2・第3都市、出資企業には上場企業も

エアアジア

エアアジアは、前エアアジア・ジャパン社長の小田切義憲氏をCEOに、前デル日本法人CFOの秦修氏をCFOに迎え、新エアアジア・ジャパンを立ち上げる。ANAとの合弁解消に伴い、2013年10月に日本国内線から姿を消した”赤い翼”は、春秋航空日本を合わせてLCC4社がひしめく日本の空の改革を狙う。

14日付のブルームバーグは、資本金は最大約71億円、上場企業を含む3社から出資を得る方針で、4月にも正式に発表する見通しと伝えている。

新エアアジア・ジャパンは、競合が多く、24時間離発着ができない成田を拠点とせず、第2、第3都市を拠点とする方針。既に拠点空港が決定しているとの情報もある。

出資企業は、エアアジアのトニー・フェルナンデスCEOが三木谷浩史氏と親交が深いことから、楽天という名が上がっているほか、オリックスなどの金融会社、航空機リース会社などが噂されている。また、来日中のトニー・フェルナンデス氏は、三木谷氏と13日、会食を共にしたことを明らかにしている。

機材は、エアアジアグループが導入しているエアバスA320型機を選定し、就航は2015年を想定していると見られている。

■関連記事
エアアジアのトニー・フェルナンデスCEO、日本市場再参入に言及「LCCに理解示す空港がある」「すごいパートナー見つけた」
エアアジア、日本再進出は2015年に?2014年はインド注力=ブルームバーグ伝える
エアアジアのトニー・フェルナンデスCEO、ついに新生「エアアジア・ジャパン」のパートナー発見と明言!=バニラ就航日に挑発?
新エアアジア・ジャパン、CEOには前エアアジア・ジャパンCEOの小田切義憲氏が就任!

詳細はこちら