バニラエア、受託手荷物料金を最大で従来の2倍に値上げ! 3月30日より

30

バニラエアは、2014年3月30日から始まる夏ダイヤより、受託手荷物料金と空港カウンター利用料を値上げすると発表しました。

受託手荷物料金は、20キロまで無料の「シンプルバニラ」「コミコミバニラ」では、21〜25キロまで500円、割引運賃の「わくわくバニラ」では、20キロまで2,000円。以降はいずれの運賃ともに5キロごとに500円が加算されます。

空港カウンター利用料は、航空券の購入などで利用する場合に支払う手数料で、700円が1,000円に値上げとなります。 

現在の「わくわくバニラ」の受託手荷物料金は20キロまで1,000円であるため、2倍に値上げとなります。

バニラエアの石井知祥社長は、就航時の質疑応答で、「受託手荷物は付帯収入で一番比率が大きいところ」と発言しており、同社の通常運賃は受託手荷物20キロが含まれていることから、収益に影響するのではないかと懸念されていました。

■関連記事
バニラエア、2015年度末までに10機体制へ 早期黒字化、香港・ミクロネシアに就航へ!
バニラエア、国内線2路線で運賃を値上げ! ソウル線は値下げ、台北線は現状維持
バニラエア、東京/成田〜札幌/千歳線を最大1日6往復に! 国際線は現状維持、国内線は増便へ

詳細はこちら