JALグループ、2年連続で定時到着率世界一に! 米FlightStats社が表彰

DSC_0143

JALは、米国のFlightStats社より、2013年1月~12月の国内線・国際線を合わせた運航実績で世界一の認定を受け、表彰されたと発表しました。

JALが表彰を受けたのは、「Major International Airline」部門と、2013年に新設された「Major Airline Network」部門の2つ。JAL運航の国内・国際線の定時到着率が88.94%、JALグループ便の定時到着率89.75%が世界一となっています。「Major International Airline」部門は2年連続で世界一となっています。
お客さまの定時出発へのご理解・ご協力と、JALグループ全社員の定時運航への取り組みが今回の受賞につながった。 JALグループは、お客さまの貴重な時間を大切にするために、これからも安全運航を基本に、さらなる定時性向上に挑戦し、新しい工夫や努力を重ねていくとしています。

詳細はこちら