ルフトハンザドイツ航空、機内での携帯電話ローミングサービスを拡大へ!

P1050817

ルフトハンザドイツ航空は、AeroMobile社のシステムを通じて行っている、携帯電話のローミングサービスを拡張する計画です。「Celler News」が伝えています。

現在は8機でサービスを提供していますが、2014年中に100機以上の長距離線機材で改修を行います。

利用方法は、機内で携帯電話の電源を入れるだけで、利用料金は携帯電話事業者から請求されます。

ルフトハンザドイツ航空は、2014年1月から、ボーイング747-8型機運航便に限り、出発〜到着まで発着信を行わない条件で、機内モードの電子機器の利用ができるようになっています。また、オンラインモードでの端末利用に対する許可も取得する計画ですが、通話はできません。

詳細はこちら