セブパシフィック航空、タイガーエア・フィリピンの全株式などを取得する株式売買契約を締結!

05

セブパシフィック航空は、タイガーエア・フィリピンの全株式と、タイガーエアホールディングスの株式の40%を取得する株式売買契約を締結したと発表した。

セブパシフィック航空は49機を保有し、海外の22都市、フィリピンの33都市から週2,200便以上を運航。タイガーエア・フィリピンは5機を保有し、フィリピン国内外の11都市から週118便を運航しています。

両社は、セブパシフィック航空の株式取得後も別ブランドとして運航を継続します。3月中旬からは、セブパシフィック航空のホームページでタイガーエア・フィリピンの便を予約することができるようになる予定。

シンガポールとフィリピン当局から承認された場合、シンガポールとフィリピン各地を結ぶ路線でコードシェアや、両航空会社での接続、両社ホームページで相互に航空券の販売などを実施する見込みです。

詳細はこちら