スターフライヤー、運休の関西〜福岡線の2013年12月の搭乗率は54.1%に 最高は羽田〜関西線

15

スターフライヤーは、2013年12月の利用実績速報を発表しています。

搭乗率が最も高かったのは、東京/羽田〜大阪/関西線で77.2%。次いで、東京/羽田〜北九州線が72.1%、北九州〜釜山線が68.3%、東京/羽田〜福岡線が68.0%となった。

2014年2月で運休となる、大阪/関西〜福岡線の搭乗率は54.1%と全路線で最低であるものの、前月に比べて3.3%上昇した。

また、定時出発率は、国内線は85.2%、国際線は93.5%だった。

■関連記事
スターフライヤー、2014年2月19日で福岡〜大阪/関西線を運休!
スターフライヤー、名古屋/中部〜福岡線を1日3往復運航!=2014年3月30日より

詳細はこちら