京急電鉄、公衆無線LAN拡充で列車内でもWi-Fi接続が可能に! 訪日外国人にも対応!

IMG_3789

京浜急行電鉄は、2014年2月1日より、駅構内で提供している無線LANサービスを順次拡充しています。

現在導入している「docomo Wi-Fi」と「フレッツ・スポット」に加え、「au Wi-Fi SPOT」と「Wi2 300」を追加し、2014年2月1日から品川駅、羽田空港国際線ターミナル駅、羽田空港国内線ターミナル駅で提供を開始。順次、泉岳寺駅を除く京急線全72駅でも提供開始予定です。

また、3月1日より、訪日外国人向けにも「Wi2 300(ワンタイムプラン)」を活用することで無料でサービスを提供。初回ログイン後、連続6時間の利用が可能です。羽田空港国際線ターミナル駅の京急ツーリストインフォメーションセンターで手続きを行い、発行されたIDとパスワードが必要となります。

2014年2月末からは、2100形8両編成の3本でも列車内の無線LANサービスを提供。KDDIの「au Wi-Fi SPOT」とワイヤ・アンド・ワイヤレスの「Wi2 300」の利用ができます。

EX-TRAIN配信記事

詳細はこちら