ジェットスター・ジャパン、2014年1月の定時運航率は85%! 前月比1ポイント増

P1000061

ジェットスター・ジャパンは、2014年1月の定時運航率は85%と前月に比べて1%アップしたと発表しました。

冬期は、降雪や冬型の気圧配置による強風の影響も避けられないものの、予備機材などを活用することで定時運航率を高く維持しています。

同社が発表をはじめた2013年5月から9ヶ月連続で、定時運航率は80%を超えています。

定時運航の基準は、便の到着予定時刻に対して15分以内に指定のゲートに到着することとしています。

詳細はこちら