JR東日本、中央線特急に新型車両導入を発表! 各座席に電源を設置!

jr-east-e353

JR東日本は、老朽化した中央線に運転されるE351系特急用車両の置き換えのため、新型車両E353系特急用車両を製作すると発表しました。

E353系は、量産化前に性能評価や技術検証を行うため基本編成9両と付随編成3両の計12両を2015年夏以降に落成する予定。中央本線・篠ノ井線、東京駅~松本駅間で運用されます。

車両は空気ばね式車体傾斜方式を採用し、現行のE351系の振り子式車体傾斜方式と同等の走行性能を実現。走行中の振動を低減する動揺防止装置を一部の先頭車両とグリーン車両に搭載することで、乗り心地が向上します。

各座席はパソコンを置けるテーブルと電源コンセント、各車両には空気清浄機が設置されます。

EX-TRAIN配信記事

詳細はこちら