スカイマーク、エアバスA330型機の投入を4月18日に延期 ミニスカ乗務や全席プレミアムシート搭載

A330-300_Skymark

スカイマークは、2014年3月に東京/羽田〜福岡線に投入する予定のエアバスA330型機の投入時期が、2014年4月18日にずれ込む見通しであることがわかりました。日経新聞電子版などが報じています。

機材は、3月上旬にも引渡しを受け、フランス・トゥールーズから日本にフェリーフライト(回送)する予定です。

エアバスA330型機は、スカイマークが2014年3月より、東京/羽田〜福岡線などの幹線を中心に、シートピッチが広く全席に電源を装備した「グリーンシート」のみを配置して就航させる予定です。客室乗務員は、A330限定で、広く話題となったミニスカで乗務します。

(写真:エアバス)

■関連記事
国交省、エアバスジャパンにA330型機の型式証明書交付 スカイマークがグリーンシートとミニスカ乗務員で3月就航!
スカイマーク、グリーンシート搭載の東京/羽田〜福岡線を7,800円から発売中!

詳細はこちら