JAL、ボーイング767-300ER型機国内線機材にファーストクラスを導入! 2014年秋から

29

JALは、ボーイング767-300ER型機の国内線用機材、計9機に、新たにファーストクラスを設置すると発表しました。

現在、ファーストクラスは、ボーイング777-200型機にのみ設置されており、主に主要幹線で運航。ボーイング767‐300ER型機への設置で、多くの便でサービスを提供することができるようになります。

シート配列は「2-1-2」で、シートピッチは約135センチ。1機につき5席が設置されます。

2014年秋から順次就航を開始する予定で、具体的な就航日・就航路線は、確定次第発表となります。

■関連記事
JAL、国内線機内Wi-Fiサービスを2014年7月スタート! 利用料金は30分400円から!
JAL、国内線機材の改修を発表!普通席・クラスJを本革製に! 普通席シート間隔を5センチ拡大、LED化も!

詳細はこちら