JAL、国内線機材の改修を発表!普通席・クラスJを本革製に! 普通席シート間隔を5センチ拡大、LED化も!

16

JALは、2014年5月から国内線に新仕様機材「JAL SKY NEXT」を順次導入すると発表しました。

普通席とクラスJは全席本革シートとなり、シートの厚みを減らすことで、足元のスペースを5センチ拡大します。クッション形状を改善することで、着席時の安定感を向上させるとともに、座席を軽量化することで、消費燃料の削減を実現しました。また、あわせてカーペットも刷新します。

クラスJは、クラスJは、普通席より約18センチ広い、前後平均97センチのシートピッチとしています。

45

また、機内照明をLED化し「空気のような照明」をコンセプトに、フライト中の時間や季節に応じた機内照明環境を演出。時間とともに移ろう自然のリズムを通じて、くつろぎと日本らしさを感じるようにしたとのことです。

「JAL SKY NEXT」は、国内線のボーイング777-200/-300型機、ボーイング767-300/-300ER型機、ボーイング737-800型機、計77機を対象として順次改修を行います。

■関連記事
JAL、ボーイング767-300ER型機国内線機材にファーストクラスを導入! 2014年秋から
JAL、国内線機内Wi-Fiサービスを2014年7月スタート! 利用料金は30分400円から!

詳細はこちら