マレーシア航空、東京/成田〜ロサンゼルス線の撤退を正式発表! コスト・燃油高で

19

マレーシア航空は、2014年4月30日より、東京/成田〜ロサンゼルス線を運休すると正式発表しました。すでに予約はクローズされています。

同社が進めている合理化計画の一環で、ボーイング777−200型機での運航は、燃油高やコスト面から見て不採算だったことを理由に挙げています。

撤退後には、同じワンワールドに加盟するJALとアメリカン航空とのコードシェアを通じて、マレーシアとアメリカ間のルートを維持します。

東京/成田〜クアラルンプール線は、便名を変更した上で、通常通りの運航を予定しています。

マレーシア航空の東京/成田〜ロサンゼルス線は、ANAやJALなどでは5万円近い燃油サーチャージが往復290USDと割安であることから人気がありました。

 

詳細はこちら