ANAとフィリピン航空の投資交渉は難航、コードシェア提携のみとなる可能性も

P1000193

ANAとフィリピン航空との間で交渉を行っている、ANAによるフィリピン航空への出資や提携交渉が難航しており、コードシェア提携のみとなる可能性が高いことが、フィリピン現地紙の報道でわかった。

ANAがフィリピン航空に出資したとしても、相乗効果は小さいという声もありました。 現在、フィリピン航空の株式はルシオ・タン氏が51%、サン・ミゲルが49%を保有しています。

フィリピン航空は、東京/成田〜マニラ・セブ線に1日5往復10便就航しているほか、2014年3月30日より東京/羽田〜マニラ線に1日2往復4便就航します。

詳細はこちら