アメリカン航空・USエアウェイズ、ハブ間結ぶアメリカ国内線を中心にコードシェアを開始! 1月23日から

aa

アメリカン航空とUSエアウェイズは、コードシェアの第1フェーズを開始すると発表しました。2014年1月23日以降、両社の一部便でコードシェアを行います。

主に、USエアウェイズとアメリカン航空のハブ空港を結ぶ路線の大半の便と、USエアウェイズの東海岸路線であるUSエアウェイズ・シャトルの運航便、シカゴ・ダラス/フォートワース発着のアメリカン航空国内線、両社の一部の国際線が対象。

コードシェアによる相乗効果で、2015年までに年間10億ドルを超える収益が期待できるとしています。

両社は、今後数週間のうちに、両社を統合した路線網の全便にコードシェアを拡張する予定とのことです。

詳細はこちら