レッドプラネットジャパン、チューンホテルを2020年までに国内で20ホテル展開へ!

51

TuneHotels(チューンホテルズ)を日本で展開する、レッド・プラネット・ジャパンは、2020年までに20件のホテル運営を行うと発表しました。

これは、親会社のレッド・プラネット・ホテルズ・リミテッド社(RPH)が数十億円規模を日本で投資することで実現させるもの。レッド・プラネット・ジャパンはすでに、2014年9月期までに札幌、仙台、東京、横浜、名古屋、大阪、京都、福岡などの政令指定都市や準ずる都市をメインのターゲットとして5棟のホテルの取得・運営を目指し、2015年9月期までに8~10棟の所有運営を目標とするという中期経営計画 を発表しています。

中期経営計画では、1室あたりの客室単価は8,500円、稼働率は73%を想定しています。

また、RPHは、韓国や台湾でも、チューンホテルズブランドのホテル展開を行うとしています。

レッド・プラネット・ジャパンは、株主に新株予約権を無償で割り当てる増資手法である「ライツ・オファリング」を2回実施しており、同じような資金調達を行うのかについては明らかになっていません。

なお、レッド・プラネット・ジャパンは、2月14日に第一四半期の決算発表を予定しています。

■関連記事
チューンホテル、日本国内に来年度までに4店舗を展開へ!=2015年度までに8〜10店舗、客室単価8,500円を見込む

詳細はこちら