セブパシフィック航空のEU乗り入れ解禁は2014年前半か?=A330を投入予定

52

セブパシフィック航空の、現在乗り入れを制限されている、EUへの乗り入れが、2014年前半にも解禁される見通しと、フィリピンフライトネットワークが伝えています。

セブパシフィック航空は、エアバスA330型機を2014年4月から3機を順次追加導入する見込みで、同型機を投入する。

すでに、フィリピン航空はEUへの乗り入れを解禁されており、マニラ〜ロンドン線に約15年ぶりに就航したほか、多くの都市への就航計画があることが明らかになっています。

セブパシフィック航空は、フィリピン航空と同時にEUへの乗り入れが解禁される予定でしたが、ダバオで発生した滑走路逸脱の事故を受け、解禁が見送られていました。

詳細はこちら