ジェットスター・ジャパン、2013年12月の定時運航率は84%!=前月比5ポイント減

P1000061

ジェットスター・ジャパンは、2013年12月の定時運航率が84%となったと発表しました。

2013年5月〜9月まで5ヶ月連続で90%超えとなったものの、10月は88%、11月が89%となっています。1月以降も、降雪や冬型の気圧配置による強風の影響も避けられないと思われます。

なお、2013年で最高となったのは、7月の93%でした。

ジェットスター・ジャパンは保有機材数が多く、機材のやり繰りがしやすいことや、予備機材を利用していることも定時運航率が高い理由としています。

定時運航の基準は、便の到着予定時刻に対して15分以内に指定のゲートに到着することとしています。

詳細はこちら