デルタ航空、ボーイング757−200型機などのナローボディー機の内装をアップグレード 全座席に電源を設置!

main-1

デルタ航空は、2016年までに総額7億7,000万ドルを投じて、ボーイング757-200型機、ボーイング737-800型機、エアバス319型機、エアバス320型機の内装をアップグレードすると発表しました。

全座席を、薄型構造で可動式ヘッドレスト付きの「スリムラインシート」に変更し、電源を設置するほか、化粧室やギャレーを一新することで機内の快適性を向上させます。

デルタ航空のグレン・ホーエンスタイン執行副社長兼最高収益責任者は、「デルタ航空はお客様の期待に応えるべく、プロダクトおよびサービスの改善に長期的な投資を続けています。2010年の開始からからわずか6年で、すべての保有機材の内装を完了する予定で、お客様にはより快適に、機内で仕事をしたり、寛いだり、機内エンターテインメントを楽しんだり、思い思いに過ごしていただけるようになります。」とコメントしています。

これにより、アメリカ国内線のファーストクラスとエコノミークラスで一貫したサービスを提供することができ、航空機の運用効率を高め、利用者の満足度を改善させることができるとしています。