タイ国際航空、今年5月破綻の噂を公式に否定=資産が負債上回る

tg_3

タイ国際航空は、2014年5月にも破綻するとの噂を公式に否定しました。

破綻の噂は、ソーシャルメディア上で拡散しているものの、バンコクポストによると、運輸大臣が公式に否定しています。タイ国際航空の大株主は国です。

2013年9月末の時点では、資産が約315.9億バーツ、負債が約183.5億バーツとなっており、流動資産は充分に保有。さらに、債務返済計画も遂行しているとのことです。

また、1月5日に起きた大幅な遅延については、スワンナプーム国際空港の人員不足が原因とのコメントを発表しています。

詳細はこちら