タイガーエア、セブパシフィック航空にタイガーエア・フィリピンの株式を売却!=両社が戦略的提携へ!

05

タイガーエアウェイズは、同社が保有するタイガーエア・フィリピンの株式をセブパシフィック航空に売却すると発表しました。タイガーエア・フィリピンは、セブパシフィック航空の100%子会社となります。

それぞれの航空会社は、別のブランドとして運航を継続します。

また、タイガーエアウェイズとセブパシフィック航空は、両国当局の承認が得られれば、シンガポールとフィリピン各地を結ぶ路線でコードシェアや、両航空会社での接続、インターライン契約を実施する見込み。

タイガーエア・フィリピンは、5機を保有し、マニラとクラークを拠点に国内・国際線を11都市に運航。セブパシフィック航空は、48機を保有し、同じく57都市に運航しています。

(一部内容を修正しました)

詳細はこちら