羽田空港国際線にチャーター発着枠を新設=未決定の9往復分を活用し

17

国土交通省は、2014年春に拡大する、羽田空港の国際線発着枠のうち、割り当てが未決定の9往復分を活用し、国際線チャーター便枠を新設する方針を固めたと共同通信が報じています。

これは、アメリカなどに割り当てられる予定の枠で、航空交渉がまとまり、就航が行われる場合には使用ができなくなるものと見られます。

現在のところ、アメリカとの航空交渉は難航しているため、今年3月以降の夏ダイヤからの就航は難しい見込みで、その間に枠を有効活用する狙い。

詳細はこちら