クラブツーリズム、民間宇宙旅行を専門に扱う「クラブツーリズム・スペースツアーズ」を設立=今年末にも初の宇宙旅行実現へ!

main

クラブツーリズムは、2014年1月6日、民間宇宙旅行を専門に取り扱う子会社・株式会社クラブツーリズム・スペースツアーズを設立したと発表しました。

クラブツーリズムは、2001年より「宇宙旅行クラブ」を立ち上げ、宇宙旅行に関心のある方を対象とした講座や交流会を実施してきたほか、2005年からはヴァージングループの宇宙旅行会社・ヴァージンギャラクティック社の公式代理店として、有人弾道宇宙飛行ツアーを日本国内で独占販売しています。これまでは、クラブツーリズムの専任部署で事業を進めてきたものの、現実的な商業運航開始が近づいていることから、新たに専門会社を設立したとしています。新会社では、ヴァージンギャラクティック社の公式代理店業務を全面的に引き継ぎ、業界に先駆け宇宙旅行を専門にした事業展開を本格始動させます。

アメリカでは、関連法規の制定や政府の認可制度などの環境整備が進み、複数企業による民間宇宙旅行用の宇宙船開発や、ニューメキシコ州をはじめとした複数の州での宇宙港開発が進行しています。その中でヴァージンギャラクティック社はアメリカ連邦航空局(FAA)の運航免許を取得後、2014年末にも商業運航の開始を見込んでいるとのことです。

ヴァージョンギャラクティック社は、ニューメキシコ州の宇宙船用港「スペースポートアメリカ」から出発するツアーを、25万USDで発売。滑走路から離陸後、高度15キロで母艦「ホワイトナイト2」から宇宙船「スペースシップ2」を切り離し空中発射。90秒後には高度100キロの宇宙空間に到達後、4分間の無重力体験を行い、地球を眺めた後、大気圏に突入。そのままグライダー飛行で「スペースポートアメリカ」に帰還します。所要時間は約2時間で、1機の定員は6名とパイロット2名の計8名。世界で600名が予約を済ませています。ヴァージンギャラクティック社によれば、この見込み通りに進むことで、現状では「世界初の民間宇宙旅行」が実現できるとしています。

また、ヴァージンギャラクティック社は、運航開始後10年間の取扱い宇宙旅行客数を累計3万人と予測しており、クラブツーリズムでは、そのうち日本からの参加者数を約900名と想定。「宇宙観光」を新しい成長が見込める新市場と見ています。

詳細はこちら