ジェットスター・ジャパン、年末年始期間の搭乗率は88.3%=昨年同期と比べて約10%上昇

P1000061

ジェットスター・ジャパンは、2013年12月20日〜1月5日までの年末年始期間の搭乗率を発表しました。

期間中の平均搭乗率はは88.3%となり、2012年〜2013年の年末年始期間に比べて9.6%上昇しました。

搭乗率が最高となったのは、上りが12月29日で96.7%、下りが1月4日・5日でいずれも98.1%となりました。