ジェットアジア、ボーイング767−300ER型機を新規導入!=東京/成田線に投入へ

jetasia

バンコク・スワンナプームを拠点とする航空会社、ジェットアジア・エアウェイズは、東京/成田線に投入する新機材を導入したと発表しました。

新たに導入した、ボーイング767−300ER型機は、268席を設置しており、特別塗装を実施しています。

ジェットアジアは、2013年12月にギャランツアーと日本の販売総代理店契約の締結を発表。1月からは週3便、2月からは週4便の運航を行い、定期便化を目指す方針と伝えられています。

また、11月にも韓国の販売総代理店契約をPAAグループと結んでおり、現在のようなチャーター便やリース運航ではなく、複数路線で定期便の就航を目指すものと見られます。

なお、東京〜バンコク線は、ANA・JAL・タイ国際航空・ユナイテッド航空・デルタ航空の5社のほか、HIS系列のアジア・アトランティック・エアラインズ、ジェットアジア・エアウェイズが就航しています。

また、アジアンエアが1月25日に就航を見込んでおり、タイ・エアアジアX、ノックスクートも就航する見込みです。

■関連記事
ジェットアジア・エアウェイズ、ギャランツアーと販売総代理店契約=成田〜バンコク線増便や定期便化を推進へ!
アジアンエア、東京/成田〜バンコク/ドンムアン線に2014年1月25日就航へ!

詳細はこちら