【速報】春秋航空が制服・機体をお披露目!機内設備を完全公開!

ss1

春秋航空日本は、2013年12月20日、記者会見と機体・制服のお披露目を開催しました。

制服は、全国のデザイン学校13校386名からの応募作品の中から、5つを優秀賞として選出し、それぞれからの共同作品となっています。

客室乗務員の制服は黄緑を基調としており、女性はパンツタイプとスカートタイプの2種類。客室乗務員の方にインタビューしたところ、爽やかな色合いと動きやすいスタイルが好評のようです。

ss5

機内のシート配列は、「3-3」。前方3列はプレミアム座席となっており、名称は中国と同様に「スプリングプラス」にするか「プレミアムシート」にするかは検討中。

また、運賃体系は、他のLCCやJALのクラスJなどのように、運賃プラス座席料という形ではなく、運賃自体が普通席と別になる可能性が高いと、同社の王会長へのインタビューで明らかになりました。

ss8

普通席・プレミアム席ともに、座席は同一。シートポケットは下側にあり、シート上にマジックテープでヘッドレストカバーが付けられるようになっていることから、運航開始時には付けられるものと思われます。

シートピッチは、プレミアム席が33インチ(83.82センチ)、普通席が28〜29インチ(71.12〜73.66センチ)で左右で若干異なるとのことです。

ss6

テーブルは、ドリンクホルダー部分に穴でなはくクボミが付いているものとなっています。ドリンクホルダーなどは付けられていません。

ss4

コックピットでパイロットの方にお話を伺ったところ、全ての乗員が他社でのパイロット経験者で、JAL出身の方が多いとのこと。訓練は、ANA系のパンダフライトアカデミーやJALの施設を使用しており、実機での訓練はこれからとのことです。

ss10

 2014年5月末より、東京/成田〜佐賀・高松・広島線に、3機での就航を予定。その後は中国本土線などの国際線にも進出を予定しています。

(シートピッチの数値を修正いたしました。)

■関連記事
春秋航空日本、記者会見と制服・機内サービスの発表会を開催!=出資者も明らかに 
春秋航空日本、出資者が明らかに=パチスロの山佐・ファンド数社などが出資!
春秋航空、茨城〜上海/浦東線を増便へ!=茨城から国内線、日中関係についてもコメント
【速報】春秋航空日本が制服をお披露目!さわやかなグリーンが基調に!