春秋航空日本、記者会見と制服・機内サービスの発表会を開催!=出資者も明らかに

Spring Airlines Japan JA01GR

春秋航空日本は、2013年12月26日、成田空港で記者会見と機体・制服・機内サービスの発表会を開催する。

同社は、ボーイング737−800型機3機で、東京/成田〜佐賀・高松・広島線を運航し、2013年に2機、2014年に3機、2015年〜17年までは毎年5機ペースでリース機として導入予定。

明らかにされていなかった出資比率も発表され、中国の春秋航空が33%、スカイスターファイナンシャルマネジメントが31%、山佐が25%、アイビスLCC投資事業組合が6%、春秋航空日本投資事業有限責任組合が3%、SMBCベンチャーキャピタル1号投資事業有限責任組合が2%となっていることが明らかになった。

■関連記事
【速報】春秋航空が制服・機体をお披露目!機内設備を完全公開!
春秋航空日本、記者会見と制服・機内サービスの発表会を開催!=出資者も明らかに 
春秋航空日本、出資者が明らかに=パチスロの山佐・ファンド数社などが出資!
春秋航空、茨城〜上海/浦東線を増便へ!=茨城から国内線、日中関係についてもコメント
【速報】春秋航空日本が制服をお披露目!さわやかなグリーンが基調に! 

詳細はこちら