大韓航空、親会社の負債削減のため機材や保有株式の売却=路線展開については未発表

ke

大韓航空親会社で、海運や陸運会社を傘下に持つ韓進グループの負債を削減するため、大韓航空が航空機や保有株式を売却することがわかった。韓国メディアが報じています。

大韓航空は、現在147機を保有し、うち17機をリースしていますが、中でも機齢が高い、ボーイング747−400型機と、ボーイング777−200型機の計13機を売却します。

これらにより、3兆5000億ウォンの売却益を見込んでおり、韓進グループの増資に応じることで、韓進グループの負債比率を引き下げるとしています。 

機材売却に伴い、運休や減便等が行われるのかは明らかになっていませんが、ボーイング787型機や、ボーイング747-8i型機、ボーイング777−300ER型機の発注をすでに行っており、こちらの動向についても注目されます。

また、大韓航空も燃油高や貨物需要の低迷、競争激化などの理由により、2013年1月〜9月は赤字を計上しており、路線再編などの可能性も否定できません。

詳細はこちら