「機内食はサンドウィッチじゃないと嫌!」パキスタン国際航空のパイロットがサンドウィッチの到着を待ち、飛行機が2時間半遅延!

26

パキスタンのラホールからマンチェスター経由でニューヨークに向かう、パキスタン国際航空PK711便のパイロットが、5つ星ホテルからのサンドウィッチの到着を待つために、飛行機の出発を2時間半遅らせるというトラブルがあったことがわかった。複数の海外メディアが報じている。

機長は、搭載された機内食に不満があるとしており、パキスタン国際航空がコスト削減の一環で、2013年11月25日から、国際線の機内食で、従来はサンドウィッチだったものを、ピーナッツやポテトチップス、ビスケットなどの搭載に切り替えたことが不満だったと見られる。

詳細はこちら