ノックスクート、バンコク〜日本線を重要視?=複数路線を展開の可能性も!

TZ

航空メディアのCAPAは、シンガポール航空100%子会社のLCC・スクート(Scoot)と、タイ国際航空が出資するノックエア(Nok Air)が設立した、「Nok Scoot(ノックスクート)」に関する分析を発表した。

ノックスクートは、2014年第2四半期にも運航を開始出来る見込みで、既報の通り、シンガポール航空からボーイング777−200型機をリースする予定。しかしながら、CAPAは、ボーイング777はLCCにはコスト面で理想的ではないとしており、業績に影響を与える可能性があるとしています。

一方で、同じくバンコク・ドンムアンベースで2014年第1四半期にも運航を開始する予定の、タイ・エアアジアXは、エアバスA330型機を使用する予定。また、チャーター便を主に就航させている、ジェットアジアエアウェイズも、2014年には東京/成田線の定期便化を進める考え。HISグループのアジア・アトランティック・エアウェイズも、東京/成田線の運航期間を2014年5月まで延長しています。

また、ユナイテッド航空の東京/成田〜バンコク線の運休とも関連し、ユナイテッド航空関係者は、乗客が多い路線であることから、ANAとのアジア線での結びつきを強める考えを示しており、ANAが機材の大型化を検討しているとの報道もあります。

また、現在、日本〜タイ間では、ビザ要件緩和を受けてタイから日本への旅行客が増えているとしており、東京、大阪への路線など、日本線を複数展開するとしています。

■関連記事
スクートとNok Airが共同でバンコク・ドンムアン拠点に中長距離線を展開する「NokScoot」を設立!=2014年後半にも就航へ!
ジェットアジア・エアウェイズ、ギャランツアーと販売総代理店契約=成田〜バンコク線増便や定期便化を推進へ!
ANA、バンコク線などの大型化を検討へ=インドネシア・マニラ線も好調!

詳細はこちら