第2拠点の那覇から成田線は「可能性としてある」、乗り継ぎ航空券の販売も=ピーチ、遠藤総合企画部長がプレス懇親会で

P1010190

ピーチ(Peach)は、2013年12月19日、メディア関係者を招待し、「Press Peach Pub」と称した懇親会を都内で開催。井上慎一CEO、遠藤哲総合企画部部長、森健明オペレーション本部長、客室乗務員らが参加しました。

遠藤哲総合企画部部長に対し、那覇空港の第2拠点化で、東京/成田〜沖縄/那覇線への就航の可能性について伺ったところ、「那覇拠点からという面では、可能性としてある」とのこと。

東京/成田〜大阪/関西線については、「比較的好調」といい、関西国際空港での乗り継ぎ客というよりも、東京〜大阪間の単純移動に利用されており、比率的には首都圏在住者が4割、関西在住者が6割ほどと見ている。

大阪/関西・沖縄/那覇拠点による路線網の拡大で、乗り継ぎ航空券の販売を行うかとの質問に対しては、「おすすめルートとして販売する可能性はある」としており、エアアジアの「FLY-THRU」のように、乗り継ぎの保障はしない方針。

香港エクスプレス航空が週10便の運航を開始した、大阪/関西〜香港線での影響については「ほとんどない」と明言した。

■関連記事
「長栄、復興というのは古臭い」「中国本土線や東南アジア線飛ばしたい」=ピーチ、井上CEOがプレス懇親会で

詳細はこちら