「タイガーエア・台湾」の設立を発表!2014年末に就航!=日本・韓国線も!

Tigerair-CAL JV event

タイガーエアウェイズホールディングスは、チャイナエアラインとの合弁を、2013年12月16日に発表しました。

タイガーエアウェイズホールディングスのKoay Peng Yen最高経営責任者と、チャイナエアラインの孫洪祥会長が出席し、記者会見が開かれました。

新たに設立されるのは、「タイガーエア台湾」(台湾虎航/TigerairTaiwan)で、2014年末ごろに就航する見込み。日本、中国、韓国、東南アジア線に就航することを想定しています。日本と韓国へはタイガーエアとして初の乗り入れになる可能性もあります。

機材は、エアバスA320型機を使用。3機から運航を開始し、12機まで増やす計画。

新会社は、タイガーエア側が10%、チャイナエアライン側が90%の株式を保有します。

台湾は立地が良く、東南アジアの多くの都市や、日本・韓国・中国が飛行時間4時間以内に収まっているほか、日本各地からは距離的に無駄が少なく東南アジア各地へ向かうことができるため、タイガーエア台湾の就航地次第では、日本各地から台北経由で東南アジアへ…という旅行もしやすくなる可能性があります。

■関連記事
チャイナエアライン、タイガーエアと台北ベースでLCC設立へ!=東京線就航はなし
台湾・復興航空がLCC設立!名称は「全民航空」に!=チャイナエアラインも参入との報道も!

(写真提供:タイガーエアウェイズ)

詳細はこちら