チャイナエアライン、タイガーエアウェイズとLCC設立を決定!「台灣虎航」に!

P1040755

台湾のチャイナエアラインが、シンガポール航空の関連会社のLCC、タイガーエアウェイズと合弁で、台北/桃園を拠点とするLCC「台灣虎航(タイガーエア・台湾/Tigerair Taiwan)」を設立することを決定したことがわかりました。台湾各紙が報じています。

会見は、2013年12月16日午後2時(台湾時間)、日本時間では午後3時の開始を予定しています。

新会社は、チャイナエアライン側が90%、タイガーエアウェイズ側が10%の株式を保有し、2014年末にも就航する見込みです。

台湾では、トランスアジア航空(復興航空)がLCCを設立し、2014年にも就航する予定です。

■関連記事
トランスアジア航空、新LCCの名称を募集!採用者には10年乗り放題の権利が!
台湾・復興航空がLCC設立!名称は「全民航空」に!=チャイナエアラインも参入との報道も!

詳細はこちら