スカイマーク、新型機エアバスA330型機をお披露目=全席にフットレスト装備、従来より約18センチ広く!

PC120780

スカイマークは、2014年3月から国内幹線に投入を予定している新型機、エアバスA330型機を、フランス・トゥールーズにある、エアバスの工場で報道陣に公開した。

スカイマークは、現在、小型機のボーイング737型機の1機種のみ保有しており、単一機材であるため整備コストが削減できるものの、需要が大きい、東京/羽田〜札幌/千歳・福岡・沖縄/那覇線では、需要を取りこぼすケースもあった。

20131209-A330 SKYMARK INTERIOR CABIN SEAT

エアバスA330型機は、全席を「グリーンシート」とし、本来は440席が配置できるところ270席にすることで、約18cmほど座席間隔が広くした。

AC-331-20131209-PM-A330 SKYMARK MSN1483 INTERIOR CABIN-040

また、従来は掃除がしやすいなどの理由で革製のシートだったものを布製のものにしたことで、座り心地も向上。また、リクライニングの角度も深くなったほか、肘掛けにもゆとりをもたせた。フットレストも全席に装備されている。

■関連記事
スカイマーク、新型機エアバスA330型機の客室乗務員の制服を「ミニスカ」に!

(写真提供:スカイマーク(上)、エアバス(中・下))

詳細はこちら