チャイナエアライン、タイガーエアとのLCC参入を取締役会で協議!

P1040755

台湾のチャイナエアラインは、シンガポール航空の関連会社のLCC、タイガーエアウェイズと合弁で、台北/桃園を拠点とするLCCを設立するとの噂がありますが、きょう2013年12月13日に取締役会を開いて協議を行った模様だ。

現在のところ、両社ともに発表はなく報道も限定的ですが、年内には発表になるのではないかとの報道もあります。

台湾では、復興航空(トランスアジア航空)が2014年にもLCCを設立し、日本線を含む路線に参入すると発表になっています。

■関連記事
トランスアジア航空、新LCCの名称を募集!採用者には10年乗り放題の権利が!
台湾・復興航空がLCC設立!名称は「全民航空」に!=チャイナエアラインも参入との報道も!

詳細はこちら