関西国際空港、スクートやライオンエアに就航を打診!=産経ら伝える

16

関西国際空港が、シンガポールのLCC・スクート(Scoot)と、インドネシアのLCC・ライオンエアに就航を打診していることを、産経新聞電子版が伝えています。

スクートのスティーブン・グリーンウェイ営業本部長は、関空へのボーイング787型機での就航を、Traicyのインタビューに対し明言しています。スクートに対しては、新関西国際空港会社の安藤圭一社長が直接シンガポールで交渉するとしています。

また、ライオンエアは、ハブとしているジャカルタ線に就航するものと推測できます。

世界最大のイスラム教人口を抱えるインドネシアからの訪日客増加も見込み、関空は2014年3月までにムスリム向けの祈祷室を設置するなど、対応を進める。

■関連記事
Scoot、大阪/関西〜シンガポール直行便に2014年夏就航!ボーイング787型機で=Scoot・スティーブン氏語る

詳細はこちら