中国民用航空局、視界不良でパイロットに計器着陸資格を義務化=北京発着路線から

32

中国首都国際空港と中国の大都市を結ぶ路線を運航するパイロットに対し、2014年1月1日から、計器着陸の資格を義務化すると、航空当局が各航空会社に通達したことがわかった。これまでは、中国では義務化されていなかった。

ecns.cnによると、中国国際航空のパイロットは年末までに全員が資格を取得、春秋航空は80%のパイロットが訓練を終えており、中国東方航空と吉祥航空のパイロットはすでに全員が資格を取得しているとのことで、大きな混乱はなさそうだ。

詳細はこちら